不動産投資ブログ掲載は収益物件・投資用不動産専門の不動産投資コンパスPRO

不動産投資ブログ掲載

「グローバル教育」に思う 

一棟アパート・収益マンション情報は収益物件の不動産投資コンパスPRO

ランキングボタンをクリックすると1票が加算されます。 不動産投資コンパスPROブログランキングに投票
「グローバル教育」に思う  320
2014年09月04日 05:18 [ ブログへ ]

中国在住の対米不動産投資家の中山道子です。

この前、夏の間、私が米国で仕事をするにあたり、子供には、キャンプに入ってもらったというお話をメルマガでしたところ、「グローバル教育ネタは、大好きなんで、ぜひ、そっちのほうも、もっと」というメルマガ購読者様がおいででした。

そう、最近、メルマガは、「子育て世代」に、その観点からも、関心を持っていただいているようです、、、笑

ただ、実は、私、そのメールを頂戴したとき、違和感がありました。「グローバル」というと、毎回、違和感があります。日本では、今、グローバル人材教育への舵取りをしようとしていると聞きましたが、その違和感が、どういう理由によるものか、考えてみました。




《写真は、子供の行っていたキャンプの一風景から。乗馬クラブで、敷地内に大きな池があるので、毎日のように、泳いでいました。このキャンプは、「レジデントキャンプ(resident camp)、つまり、最大8週間、子供を預かるので、国際的な家族もいて、アブダビに住んでいるお子さんとか、ロシアから毎年来ている家族とか、我が家もそうですが、ある意味、米国中産階級における国際化の縮図みたいなところがありました。米国の学童向けサマーキャンプは、どこでも、たくさんやっているので、ネットで簡単に見つかります。》








私自身、語学教育には熱心なので、イマドキの一部識者のように、「外国語教育よりまず日本語!」などというつもりはありません。《というか、語学教育の専門家ではないので、自宅でやっていることはありますが、一般的に見たその有効性などについては、よくわかりません》

ですが、グローバル教育という言葉には、違和感があるのです。

その理由に、今朝、気づきました。というか、多くの方が、指摘してきていることかなとは思うのですが、、、

それは、グローバル教育というのは、「目標設定として、広すぎすぎ」なんですね。






++++++++



例えば、皆さんが、「日本語学習中の留学生」に、「日本文化に触れたいです」といわれ、ホストファミリーとして、何か手伝ってあげないといけないとします。

最初に口に出るのは、こんな返事にならざるを得ないのではないでしょうか?


「うーん、日本文化といっても、茶道も日本舞踊も書道もあるし、
古文漢文、はたまた、いけばな剣道に俳句と、何をやりたいん
でしょうか?」


留学生によっては、現代アニメや日本のファッションを極めたいという意味で、”日本文化への理解を深めよう”と思っている人すらいるかもしれません。

このように、一度、「ニーズを、より丁寧にヒアリング」しないと、「何をしたらいいか」が、出てこないわけです。世間話で、「アイ・ライク・ジャパニーズ・カルチャー」というレベルの話なら、寿司が好き、歌舞伎が好き程度で、意味が通じますが、具体的な方針に落とし込むためには、そういう通り一遍な話では、意味がないわけですね。

同じように、グローバル教育も、「具体的には、どんなイメージ?」ということを、考えないといけないわけです。

それが、もし、「どこでも通用する」という意味でしたら、「何年かければいいの?」という話になりかけません。

圧倒的多数の人は、観光以外では、「どこにでも行く」必要はないか、会社の組織ぐるみサポートを得ながら駐在すればいいわけですから、「そんなサバイバル・レベル」は、必要ないと思うのです。

くどいですが、具体的な例を出すと、子供に対し、日本やアジアだけではなく、「ジンバブエで食っていく技」まで教えるスキルは、こちらにもないし、第一、必然性が低いわけです。《ジンバブエに行くなといっているのではありません。行きたい方、行っている人にはがんばってほしいです。》



***************


私の経験では、語学学習についても、語学というのは、必ず、カルチャーが伴うので、その学ぶコンテクストも、考えないといけません。また、人間なので、精神の安定も大切ですし、さらには、ビザがあるかどうかを、計算に入れる必要があります。

例えば、最近、人気のケースで、「マレー○アのイ☆リス系インターにいかせ、そこから、イ☆リスの大学に進学させる」という例を、検討してみましょう。そういう方を個人批判しているわけではないので、検索に引っかからないように、ぼかします(笑)。

多くの人は、このようなご予算は、なかなかないわけですが、私なら、「予算がない方が、そういうことができないからと思って、残念に思うことはないんじゃないですか?」とアドバイスします。これは、ちょっともったいない教育費の使い方だなと思うからです。

私の周囲でも、インターから欧米の有名大学に行って、そこから、グローバル企業に就職し、国際的に、エクスパット(EXPATRIATE、国際就業族)として活躍し続ける、、、方は、いますが、数は、少ないです。確率の低い賭けみたいなもので、運がいい例、優秀なお子さんの実例はありますが、皆が目指すことに意味があるのか、そんなレベルの実現率ではないでしょうか。

上のステップを、具体的に、TO DO LISTに、落とし込んでみてください。

欧米系だろうと、どこだろうと、外国の大学に、進学した場合、卒業時に、その国で就業するためには、ビザが必要になります。ここで、親御さんが、教育費に加えて、大学に進学した国(この例でいうとイ☆リス)のビザをお子さんのためにとってあげられない場合、多くの場合、学部卒のお子さんは、イ☆リス就業を望んでも、日本で就職するしかないわけです。(もちろん、理科系の博士号が取れるランクであれば、それをした後、イ☆リスの大学で教えたり、場合によっては、修士号だけで、イ☆リスの企業で就職できると思います。)

つまり、マレー○アのイ☆リス系インターに入れてしまうと、ほうっておくと、周囲のお子さんを見て、お子さんも、イ☆リスの大学を目指すようになります。その段階で、日本の大学の帰国子女入試などの制度などを上手に使うなどして、大学は、日本にしてあげると、日本に馴染む時間的余裕ができますが、この段階で、つい、引き続き、海外進学を許してしまうと、日本人の場合は、

1)親が、大学卒業後のビザの手当てをする
2)子供が、ITや、工学など、国際的に就業しやすい分野で、ずば抜けた才能を見せている

といった「異常にピンポイントな背景」がない限りは、「イ☆リスの大学を出たあと、パスポート国である日本で就職活動をする」ことに、なる確率が、高いわけです。

そして、それにかかる費用は、実に、2014年時点で、

400万×12年(小学1年から高校卒業まで)+500万×4年(大学4年間)=6,800万

といった額になります。

第一に、7,000万あれば、正直、私なら、もっと、使い道があります。日本で就職をさせるだけなら、その何分の一の学費を使って、英語塾に行かせながら、日本のいい大学を卒業させるように、がんばらせればいいんじゃないかという気がします。

一般ピープルの皆さんも、そう思われませんか?《資産のある方、オーナー経営者様は、こんな私の平民思想は無視してくださいね!この投稿は、普通のサラリーマン向けのものですm_m》《イ☆リスの場合、100万ポンドを積めば、結構無条件に、投資家ビザが取れるそうですので、7,000万円に加えて、1億7,000万円くらい使えば、お子さんの滞在は問題ありません♪》

また、第二に、こういうことをすると、お子さんが、幸せになるとは限らないのです。

子供が、《100万人に1人》のジー二アス、逸材ではなく、多少優秀でも、普通人の範囲である場合について、リスクマネージメントの観点から、「悲観的なシナリオ」を考えて見ましょう。

マレー○アのインターに入った段階で、まず、カルチャーショックがあり、親はやきもきします。次に、イ☆リスの大学に進学した段階で、更なるギャップがあります。マレー○アとイ☆リスは、まったく違うからで、「毎夏イ☆リスに帰省していたイ☆リス人の同級生」には、家族のサポートがあるので、そこまで、問題はないことも多いのですが(しかし後述のように、心理的に、問題が生じることはある)、こちらには、そのようなリソースがないので、本当に、一から、別の外国に行った状態なのです。

最後に、ようやく慣れて、イ☆リスの大学を卒業するとなると、周囲の友人同様、イ☆リスに就職したいと思っても、ビザがないので、学部卒のスキルレベルでは、就職できず、大いに失望します。マレー○アやシンガポール、香港に就職したくても、同様です。そこで、しぶしぶ、日本に帰ってきて、就職するとします。そうすると、第一に、日本の大学を卒業した同級生に比べて、よりよい仕事が見つかるかというと、それも疑わしいですし(家業がある場合は別)、しかも、日本語は、周囲より下手で、日本には、支えてくれる友達、仲間もいないとなると、さらに大きなカルチャーショックを受け、下手をすると、適合できなくなるかもしれないのです。

インターに行くと、「いろいろな世界各国の友人と友達になれる」、つまり、そうした人たちと、互角に渡り合えるようになるということがいわれますが、諸刃の刃で、実は、一番問題なのは、人間というのは、「同様の背景の人間と一番親しくなりやすい」のです。

なので、気をつけないと、インターで、国際教育をしてしまう子供の場合、シンガポールで、インターに行こうが、香港で、インターに行こうが、似た背景の人間というのは、《親がエクスパットで、自分もインター育ち》の人間のことを指すようになります。

そうすると、そういう子供がどうなるかというと、「インター」や、「エクスパット・カルチャー」の中にだけ、自分の立ち居地があるかのように感じ始め、シンガポールに住んでも、普通のシンガポール人とは、友達になりませんし、香港にいくらいても、地元に根付いた香港人とは、意気投合しません。

どうして、そうなるかというと、インターというのは、通常、地元の人間向けの教育機関ではないからです。中国の場合なんかは特に極端で、中国のパスポートしかない場合は、お金があっても、インターに通学することは、おおっぴらには、許されていません。しかも、こういうお子さんは、日本本土で育った子供とも、ぎくしゃくすることがあるわけです。英語は、できるかもしれません。日本語も、支障がないかもしれません。学業も、優秀な成績をとったかもしれない。しかし、これで、本当に、「どこでもやっていけるようになった」のでしょうか?

じゃあ、こういうお子さんが、どういう人となら、仲良くなるかというと、「インターで一緒だった日本人やアジアの周辺国の人」ならいいですが(でも数が少なく、ばらけているので、通常は、同窓というほどのコネにはならない)、例えば、「アフリカ人で、ケニアのインターに行ってから、パリの大学に行って、今は、ヨーロッパで働いている人」とか、親の目から見ると、何の係累もないような(ぶっちゃけ、こちらにとっては、何のコネにもなりそうにない)人とばかり、「インターつながり」で、コネクトしだしたりもします。それ自体がいけないということは、なにもないのですが、同窓のネットワークという観点からすれば、日本人にとっては、都立高校に行かせた方が効率がいいかもしれないわけです。

それでは、こういう成長の仕方をすることで、例えば、国際企業を代表して、高給をとり、インド人や中国人と、練強く商談を繰り返し、ふてぶてしく、アジア市場で、自社商品の販売戦略を成功させたりするような精神力ができたりするのでしょうか?《なんとなく、親のほうは、こういうのを期待していませんか?》私の経験では、「そうとも限らないように見えます」です。

グローバル教育に、興味がある方は、こういう子供たちの成長振りと課題についてのこちらの本を読んで見てください。






「シンガポールのインターで育ったアメリカ人が、アメリカに馴染めず、大学卒業後、シンガポールに舞い戻るが、ビザなしでは、仕事も見つからず、落ち込む」
「同じ境遇のインターの出身者としか心が通じ合わない状況だが、そうした仲間は、それこそ世界に散らばっていて、なかなか、日々、会えない」
「母国に帰るたびに、居住国で慣れ親しんだ慣習と違うため、一挙手一投足が、嘲笑の対象に」

などなど、イタイとしかいいようがないエピソードが満載です。こういうお子さんなら、語学力に加えて、雑草のような強さを併せ持つようになるのかと思いきや、ガラスのようなハートブレークに悩むアダルト・チルドレンの数々。。。正直、親の海外赴任について世界を回ってきた私も、インター出身ではないですが、類似の痛みを抱えてきました。さすがに、もう年なんで、大丈夫ですが、10台、20台は、なかなか、人間関係を広げていく力がなく、やはり孤立していて、つらかったです。こういうライフスタイルには、負荷がかかる分、いつまでも、「エクスパット」的な、宙ぶらりんな立ち位置から卒業できず、年齢にふさわしい精神的成熟が伴わないケースが、よくあると、この本にも、指摘されているのです。

ちょっと意地悪ですが、こんな例はどうでしょうか。

自分の子供でない大学を出た人間が、日本にも、海外にも、アルバイト・インターンシップ経験や、コネ、実績がないために《海外で留学生として学ぶ場合、就労制限があり、地元の学生のように、コネ作りが思うようにできません》、どこでも、就職がなかなか決まらず、「自分はグローバルな教育を受けた人間なもので、普通の日本人には、どうも理解してもらえなくて」と発言したら、その若者自身には、正直、まったく悪気も落ち度もないと思うのですが、それにもかかわらず、周囲から見れば、”痛いやつ”です。

親が無理させたことがきっかけで、さらに、適用障害にでもなられたら、後悔しても、しきれません。

そこで、ここでの質問は、「親の海外赴任についていって、海外で教育を受けたというなら、それも、仕方ないが、そういう必然性がないのに、無理に、こういう特殊な環境で、下手をすると、ひ弱な人間に育てることに、意味があるか?」です。

私なら、上の例で言うと、「親自身が、イ☆リス移民する気でやっているのでない限りは、NOではないでしょうか?」と答えます。また、もし、親が、イ☆リス移民するという話なら、早々に移民してしまい、マレー○アになんか行かず、普通にイ☆リスの公立学校に行かせれば、そのほうが安いのじゃないですか」という感じです。

その場合なら、子供は、「これからは、この社会でやっていかないといけないのだ」という覚悟ができ、また、その社会のサポートが、TAXPAYER、市民として、受けられるので、アルバイト経験も蓄積できるし、空中をふわふわしている「エクスパットの子弟」とは、まったく違う気合が入るのです。

最後に、一番気をつけなければいけないのは、「親が無理をする」ことで、子ども自身の期待値を上げすぎることの弊害ではないでしょうか。

普通の人間は、「自分が子供時代に受けた教育」より、「自分の子供の教育」には、ずっと力が入るものです。誰も、わが子を、自分の水準より下におきたいとは思わないのです。しかし、その際に、次世代が、


自分も、インター、海外の大学に行かせてもらって、
すごく、楽しかったわあ。子供(=孫)には、当然、
それ以上を


などと思っても、それが実現するとは、限りません。

後2、30年すれば、普通の私立のみならず、アジアのインター、欧米の有名大学の学費は、今の二倍になるでしょう。

すでに、上海には、年間学費3,000万円のインターができて、300人が、殺到したそうですが(年間学費300万ではなく、三千万です。TYPOではありませんよ!)(Shanghai's most expensive international school opens its doors)、子供世代が、孫世代に、自分以上の教育を受けさせようとしても、実現しないかもしれません。そうなったとき、祖父母は、孫の「グローバル教育」の費用も、出してやることになるのでしょうか?

下手に名門に入ってしまったところ、同級生が大変、成功しており、その子供たちは、さらにランクアップしている。それに対し、自分だけが、KEEP UPできない、などと感じ始め、挫折に悩む、これも、実際、よく見聞きする話です。もうひとつ、子供が、お金のかかった理想的な環境で、品よく育ちすぎた結果、非営利のほうにしか関心が向かなくなったり、一般社会での競争に耐えられなくなり、高学歴なのに、主婦になってしまうというパターンも、よく見ますが、(他の方は知りませんが)私自身は、前者のみならず、後者も、避けたいパターン。正直、それくらいなら、分不相応な教育費を負担するより、自分の老後のために、蓄財することを、優先したいです。






+++++++++




日本企業で、海外赴任されている方々は、お子さんが学齢期の場合、多く、妻子帯同されないで、単身赴任されています。まさに、「子供の日本での立ち位置」がなくなる可能性、「教育に統一性が失われる」可能性を心配して、このようにされているのですね。また、海外にいるのに、日本人学校に行かせるご家庭も多いです。将来、日本に帰るしかない日本人の子が、海外で育った結果、他の日本人と仲良くできなくなったら、本人のためにならないからです。



  □□□



こっちに来たばかりの時、インター教育の長いアメリカ人の校長先生には、「どこの大学に行かせたいかから逆算して、小中高の教育プランを構築していく必要がある」ということを、教えてもらいました。

教師という立場からすると、何を教えるかは、何が大学受験で求められているかによって、異なるということなわけですね。なるほどでした。ここで、親として、さらにいうなら、学校の先生とは違い、こっちは、大学に入っただけでは、責任は、果たせません。子供の将来を考える場合は、「どんな大学に行かせたいか」ではなく、「大卒時に、どういうキャリアをスタートさせたいか」から逆算する必要があるのではないかと感じます。

細かい職業選択、例えば、学校の先生になりたいか、または、商社マンになるか、はたまた、主婦・主夫になるか、30過ぎて、起業家になるかといったことは、もちろん、親には、コントロールできません。《ここも、家業がある場合は、別かもしれません》しかし、親なら、最低、どこの国で、どこの言語で、また、大学にいかせるかどうか、大学を出た時に、どの国で就職・居住させたいのか、大学院が視野に入るかどうか、程度の「10台または20台の学業フィニッシュライン」時の「社会人としてのスタートライン」のイメージは、目標として、持つことができるはず。

なので、「グローバルな教育」とは何なのか、「グローバルな教育」を与えないと、イマドキの親としては、失格ではないか、などと、考えず、「子供を就職させるのは、いつ、どこか」「それには、どこの大学がいいか(就職予定国に所在する大学がベスト)、「そのための予算やリソースは何が」「それは、無理せず出せる範囲か」に基づいて、教育プランを逆算されるので、十分なのではないでしょうか。一番ストレスがないのは、通常、”親が居住していて、コネや実家など、有形無形のサポートが、新卒学生に対して、提供できる国”です。

そうしたら、その目標にとって、必要だと思われる以外のことは、無理にやらないのが、語学教育を含め、一番、COST EFFECTIVEな教育プランの立て方だと思いますが、いかがでしょうか。

もちろん、そのプロセスの途中で、お子さんの希望も、出てくるでしょう。そのときに、現実的な範囲で、軌道修正やすり合わせをすれば、いいのです。《そして、親の力では、実現させてあげられない希望なら、正直に、そう言い渡すべきだと思います。どう考えても、挫折と苦労は経験させたほうが、子供のためになると感じます。》


なんか、米国のサマーキャンプの話から、どんどん、話が膨らみましたが、再度、結論を述べると、我が家の場合は、グローバル教育をしているというつもりはまったくなく、むしろ、ピンポイントにローカルにやっています。日本では、地元は東京。中国なら、チンタオの友人関係で手一杯で、北京や上海になんか、まったく興味はありません。米国では、HOMEは、ミシガンのメトロ・デトロイトで、ノースダコタでバブルがあるとか、フロリダで安売りしているとか、これも、ぜんぜん、関心がありません。

どこでも、ホームベースで、長期にわたって、いかに信用を築くかだけが、目標なのです。

それでは、一般の方に、具体的にどういうことをお勧めするかというと、「グローバル化」の個人戦略として、例えば、以下の予算や余裕、計画があったとします。

幼稚園は、インターの幼稚園
小学生のときに、ハワイに3週間語学留学
中学生のときに、NZランド観光旅行
高校生のときに、オーストラリア交換留学生
大学生以降は、息切れして、観光旅行だけになる

こういう方は、いいところ取りしようとするのはやめ、行き先をひとつに決めるのです。

幼稚園英語なんかで金を使わない
小学校のときに、ハワイに3週間語学留学
中学生のときに、ハワイに3週間ホームステイ
高校生のときに、ハワイで1年交換留学生
大学生のときに、ハワイに1年留学
観光旅行なんかには、金は使わない

と、ハワイで統一します。オーストラリアのシドニーでも、シンガポールでも、セブ島でも、どこでも、最初にご縁ができたところで結構だと思います。

そうすると、現地の友人というものができてきて、また、「ここでは、どうやって振舞う」というLOCAL CODE(地元のルール)が身につきます。

毎年のように、あるいは、できる限り行き続ければ、そこが、第二の故郷になり、現地の友人も、「来るときは必ずうちに来い」といってくれるようになるでしょう。余裕がある方は、別荘を買ってもいいでしょうが、私なんかは、管理が面倒なんで別宅は買ってません。

子供のときに行きはじめ、結局大学留学したとしたら、その際に、そこに行けば、もし、そこで就職活動をしたいとしても、普通の留学生より、確率が上がります。最低でも、短期アルバイトくらいは、より容易に見つかるでしょうし、起業だって、周囲が助けてくれれば、不可能とはいえません。

グローバルといっても、人間関係の積み重ねというのは、こういうひとつひとつの礎のもとに作られるので、まず、自分の居住地における作法を身につけたら、次に、別のところで、可能な限り、自由に動き回るレベルまで到達してみるのです。

これをやることで、第三、第四DESTINATIONは、より容易に攻略しやすくなり、「東京とハワイしか知らない」とはいっても、大人になれば、仕事で、または観光、留学で、さらに、いくらでも、ニューヨークだろうと、北京だろうと、行くわけで、その際には、身の振舞い方を考えるときに、自動的に、「初めてハワイに行ったときは、戸惑ったよなあ。しかし、ああやってみることで、うまくいったよなあ。あきらめなくてよかったんだよな」といった「何年にもわたる努力の結果としての成功体験」に基づく”体が覚えている動き”が、本能的に出てくるようになります。

それに対し、毎回、欲張って、いろいろなところに行くと、

「ええと、NZランド英語の癖って、どうだったっけ?」と、英語の話し方自体からしてが、アクセントやボキャブラリーがごっちゃになったり、その半面で、心から親しい友人もどこにもできず、単に、クリスマスカードを交換するだけの仲の人が増えるだけ。上と比べると、同じレベルの親密さには、到達することができません。

しつこいですが、マレー○アのインターに行って、そこで何年もすごすとします。それでも、周囲はイ☆リス人だろうが、なんだろうが、みな、大学に進学したら、その後、「地元」には、帰ってきませんし、親たちも、ジョ☆ルバールくんだりに張り付いていても仕方ないわけで、世界各地に散らばります。つまり、それをやってしまうと、「いくらお金を投下しても、帰ってくる場所」に、一番肝心な、友人たち(人的ネットワーク)がなくなっているのです。

そもそも、「行くところ、帰るところがある」「自分には、大切に思ってくれる人がいる」。子供、人間というのは、こういう気持ちを持って成長することで、強くなるのであって、「どこに行ってもそれなり」、「知り合いは、いるけれど(世界中に?)、誰とも、本当に親しいとはいえないよ、、、」といった希薄な人間関係の作り方を、わざわざ大枚はたいて子供に学ばせても、仕方ありません。そんなのは、大人になって、いやでも誰もが学ぶことになる浮世の作法に過ぎません。私は、子供のときに、世界中を回らさせられ、こうした状況を経験してきましたが、第一に、これは、親の仕事で、仕方なかったのであり、第二に、この「ネガティブ・メンタル」を治すのに、大人になってから、ずいぶん、苦労しました。

そもそも、親の地元のインターならまだしも、通常、海外のインターというのは、「他にオプションがない国際転勤族が、仕方なくて子供を入れる場所」なのです。

実際にそうしたインターに、お子さんを入れておいでの方を非難しているのではないですが、必然性がないご家庭が、無理して、お子さんを入れることが、”投資資本に相応な見返りをもたらす”とは、私は、思いませんということですね。

《お金を燃やすくらい持っている方は、こんなせせこましいことを考えず、どんどんやってください。飛行機代を気にせず、海外の方とも、親しく頻繁に行き来されるのだとしたら、最高だろうと思います。それに対し、このブログは、”普通の方””堅実志向の方”向けのブログなんで、教育についてであろうとなんだろうと、メインテーマは、「お金の使い方の最大効率化の追求」なのです。》

なので、良かれと思って

「どうせなら、新しいところに行って、別のことを学ばせてみたいわ」
「海外のインターっていうのも、いいわねえ」

などと、あれもこれもと、そそられるかもしれませんが、結果から見ると、予算を組む場合は、「第二の故郷」を作るほうが、「グローバル教育」達成にとっては、ずっと効率がいいでしょう。また、予算が組めない場合は、無理されないでいいと思います。なんといっても、黙っていても、今後の世の中では、いやでも、「あなたの孫はインドか中国で生まれ」るんだそうですので。《CHIKIRINさんの日記から》

ブログ情報
アメリカ不動産投資で利回り20%以上 55,357
アメリカ不動産投資で利回り20%以上

ブログTOPへ

記事一覧
2018年05月29日 23:28
2018年5月28日 ブログお引越しのご案内 ( 45 票 )
2018年05月29日 14:01
SUSSEX INN投資ご資金ご返金のご案内 ( 61 票 )
2018年04月24日 22:37
早期語学教育の問題点? 「バイリンガルに育てようとするのは間違いなのでしょうか」 ( 63 票 )
2018年04月04日 16:34
Gentrification とは何か 統計的により頻繁に起こったのは貧困の広がりの方だった! ( 62 票 )
2018年03月21日 16:43
与信トラブルで購入オファーが無効に ( 89 票 )
2018年02月23日 11:10
私が長期不動産投資をしなくなった理由 ( 171 票 )
2018年02月23日 10:47
これから資産形成に着手しなければいけない人へのアドバイス クレジットカード編 ( 126 票 )
2018年02月19日 12:16
統計を読むときには気をつけよう 生活費から消えた住宅費!? ( 103 票 )
2018年02月01日 23:42
STAGINGとは (売却物件をショーアップさせるテクニック) ( 115 票 )
2018年01月03日 16:29
減価償却分の確認の仕方 米国不動産の日本での申告 ( 134 票 )
2018年01月02日 10:41
2,600万ドルのアパート経営に11万5,000ドルからご参加 ( 110 票 )
2017年11月21日 09:46
2018年米国不動産住宅市場展望 市場は供給不足に翻弄される ( 139 票 )
2017年11月14日 03:25
手許金の本当の価値は普通預金の金利でははかれません ( 160 票 )
2017年11月14日 03:12
お金持ちが富を独占すると、経済が回らなくなるわけ ( 108 票 )
2017年11月10日 00:49
米国政府の浸水危険度測量水災マップは時代遅れ!! ( 113 票 )
2017年11月07日 20:26
2008年次の水準を超えた世帯負債額 ( 148 票 )
2017年11月07日 20:20
EVICTION 強制退去が全米で大幅増加中 ( 162 票 )
2017年09月26日 12:58
ハングリー精神は教えられるのか? ( 179 票 )
2017年09月21日 12:02
親の因果が子に報い、、、? ( 127 票 )
2017年06月16日 21:47
出身家庭の所得と大学 ( 147 票 )
2017年06月15日 05:15
消費者保護介入の結果、皆さんの与信がアップするみたいです? ( 145 票 )
2017年06月03日 22:26
成長志向のあなたが海外投資を避けられない理由 ( 133 票 )
2017年05月25日 05:00
SNAP食糧支援プログラムとは何か  賃貸経営にとっての意味は? ( 233 票 )
2017年05月18日 02:12
何でそんなあなたに貯金がないのか ( 149 票 )
2017年05月14日 22:22
融資案件 焦げ付き例 ( 142 票 )
2017年05月08日 09:53
どんどん広くなって行く自宅が中産階級の罠とは? ( 188 票 )
2017年04月28日 04:19
トランプ大統領の税改革案 ( 182 票 )
2017年04月10日 09:15
非定型取引の決済書類の確認は怠れません(2) ( 205 票 )
2017年04月06日 09:51
非定型取引の決済書類の確認は怠れません(1) ( 194 票 )
2017年02月10日 10:38
学区制由来の不動産バブル、弾けるのはいつ? ( 216 票 )
2016年12月19日 05:15
米国成人下半分の申告前所得は平均1万6,000ドル! 2016年12月6日発表されたトマ・ピケティ教授らの最新研究成果  ( 228 票 )
2016年11月06日 22:06
不動産業者さんが、学区の良し悪しに言及できないわけ ( 142 票 )
2016年08月20日 01:31
郊外万能神話の崩壊 ( 204 票 )
2016年06月04日 01:07
米国式格差社会の教育費差は USDAの資料より ( 156 票 )
2016年05月03日 04:03
中間層居住エリアが、減っていく! ( 299 票 )
2016年05月01日 07:24
2016年最新版 外国人投資家に人気のエリアは? ( 291 票 )
2016年04月28日 23:33
400ドルの緊急出費がまかなえない! 「中流」アメリカ人の苦悩 ( 281 票 )
2016年04月16日 22:09
米国納税のタイミング メルマガ抜粋記事 ( 308 票 )
2016年02月10日 20:57
2016年2月5日東京セミナーありがとうございました 次20日大阪です! ( 335 票 )
2016年01月31日 05:31
中国引越しの収支! 1万円で国際転居? 断舎離効果を実感です ( 275 票 )
2016年01月21日 21:00
不動産にも、survivorship bias(サバイバーシップ・バイアス) の考えかたを取り入れよう! ( 274 票 )
2016年01月21日 20:56
この点は、竹中さんに同情する私 ( 252 票 )
2016年01月21日 13:03
決済が遅れる、遅れる! 現場は悲鳴、私も、同じです(涙) ( 279 票 )
2016年01月20日 14:40
1年間無制限Eメールコンサル付! 2016年2月セミナー ご案内  ( 287 票 )
2016年01月07日 10:19
投資家道とは、、、お金をレバレッジしたライフハックだ!  ( 275 票 )
2016年01月07日 10:12
年末年始は、年間収支を子供と振り返ろう/子供に家計簿をつけさせる ( 267 票 )
2016年01月06日 18:08
マイナンバーが開始しましたね 海外在住者の困惑 ( 340 票 )
2015年12月27日 07:20
売買が成立しないとき 統計から ( 268 票 )
2015年12月27日 07:17
東京の米国化? 港区の所得水準は足立区の3倍に! ( 258 票 )
2015年12月12日 13:55
不動産投資の長期シナリオ分析とは? 空室対策編 ( 256 票 )
2015年12月06日 10:59
中国生活の収支 4年3ヶ月で9万2,500ドル うち教育費は4万ドル! ( 269 票 )
2015年11月27日 11:28
売買が成立しないとき 統計から ( 279 票 )
2015年11月20日 22:48
現金決済の比率が順調に下がっている様子です  ( 282 票 )
2015年11月01日 07:56
値段は戻ったが、どこかが、違う? ( 262 票 )
2015年10月24日 20:04
健康、長生きも、リサーチで、実現できるかも? 根幹治療、ただいま、無期限延期中! ( 281 票 )
2015年10月24日 19:33
償還にてこずっていたら、、、送金段取りの手間 ( 271 票 )
2015年10月09日 21:12
50歳以下の新世代富裕層は、こんな方々! ( 243 票 )
2015年10月07日 20:26
自分で調べる習慣を! 原典以外は、信用しないこと ( 241 票 )
2015年09月28日 09:19
WALKABLE, BIKEABLEは、もう新語じゃなくて、トレンドだ! ( 252 票 )
2015年09月26日 17:45
日本人は、どんなに危機感を持っても、まだ足りません 観光編 ( 260 票 )
2015年09月22日 15:07
72の法則とは? あなたは、”マシュマロ・テスト”に合格できますか? ( 269 票 )
2015年09月14日 13:11
2014年6月メルマガ掲載の案件 回収報告 ( 255 票 )
2015年08月31日 22:15
学区と物件価格の関係 究極の選択 ( 286 票 )
2015年08月23日 19:21
保険をかければ大丈夫? 案外面倒ですので、お気をつけください ( 274 票 )
2015年08月23日 19:07
引越しによる生活費緊縮の目標額を達成! 中国の年間生活費は、〆て200万と相成りました ( 292 票 )
2015年08月22日 15:27
人口増に、経済成長。それでも、米国人の所得は下がっていく! ( 286 票 )
2015年07月24日 22:27
投資案件のキャパシティーについてのご案内 2015年7月24日補足 ( 326 票 )
2015年06月28日 12:00
複数投資技を身につけない小規模不動産オーナーの将来は暗い? ( 290 票 )
2015年06月27日 21:20
ケース・シラー・インデックス共同開発者、ロバート・シラー 氏、「1929年をほうふつとさせる今だが、今のほうが悪く感じる」 ( 279 票 )
2015年06月27日 19:07
93万ドルのご投資償還が昨日滞りなく手配できました ( 288 票 )
2015年06月26日 18:17
AIRBNB と 全米不動産協会のコラボレーションが決まったそうです ( 296 票 )
2015年06月26日 08:30
グローバル・ノーマッド・ライフは、簡単に実現できる!? ( 319 票 )
2015年06月23日 12:20
現物不動産投資にこだわりすぎるのはマイナスかもしれません ( 318 票 )
2015年06月06日 17:36
教育機会の多様化は、こちらも選ばれるという意味だということがわかった日 ( 294 票 )
2015年06月03日 09:34
今年二度目に大規模償還の手配をしています ( 289 票 )
2015年05月30日 20:46
販売協力のお願い 《神奈川県小田原市》国府津駅 30分 住宅用地 ( 283 票 )
2015年05月14日 15:14
日本人の『アンフェア・ディスアドバンテージ』は拡大しつつあります ( 277 票 )
2015年05月14日 15:13
私にも、あなたにも、大家がつとまらなくなる日が来る! 投資判断のピークは、53歳で、後は下り坂だそうです ( 291 票 )
2015年05月08日 16:37
単発コンサルティングの例 外資系給与体系、アーリーリタイヤと不動産投資 ( 278 票 )
2015年05月05日 11:59
クレディ・スイス グローバル・インベストメント・ リターンズ・イヤーブック 2015 ( 301 票 )
2015年05月04日 07:08
中国地方都市の医療事情 人民解放軍病院で診察してもらうと ( 315 票 )
2015年05月03日 20:45
アフリカン・アメリカン化が加速する? ボルティモア暴動に思う ( 305 票 )
2015年04月29日 08:12
不動産投資家にとってのドラッグ問題 マリファナ合法化運動の意味するところ ( 294 票 )
2015年04月27日 20:02
帰国子女の憂鬱は、日本に限った現象じゃないそうです ( 290 票 )
2015年04月26日 22:53
日本人は、インフレを計算に入れるべきか、入れないべきか? ( 296 票 )
2015年04月22日 11:08
任意売却は3歩進んで2歩下がる(1) 日本でのケースも参考になるかも ( 292 票 )
2015年04月22日 10:07
任意売却は3歩進んで2歩下がる(2) ( 282 票 )
2015年04月22日 08:55
2030年の世界勢力図とは! ご準備はいかがですか? ( 263 票 )
2015年04月21日 23:43
ところで、米国が貧困大国なら、日本はどうなるんですか? ( 278 票 )
2015年04月17日 10:46
私も、連邦の最低賃金引き上げ案を支持します ( 279 票 )
2015年04月14日 21:42
米国大学進学論争2015年版! 鶏口牛後か? 井の中の蛙か? ( 276 票 )
2015年04月14日 20:58
単発コンサルティングの例 ご一家でご転勤 ( 289 票 )
2015年04月02日 12:01
携帯向けのアクセスサイトをオープンしました! ( 253 票 )
2015年03月30日 20:45
福祉受給者が入居します Section 8 recipient ( 266 票 )
2015年03月30日 19:03
修理について Some Thoughts on Repairs ( 260 票 )
2015年03月26日 11:10
このサイトの来訪者様属性 コアなコミュニティになっているんですね! ( 253 票 )
2015年03月24日 12:03
賃貸市場も二極化 困っているのは低所得者層だけではない! ( 256 票 )
2015年03月23日 14:48
もし私が日本の若者なら、他の国への移民を考える。日本に明るい未来は見えないからだ。 by リー・クアン・ユー ( 284 票 )
2015年03月23日 13:43
貧困の定義とは何か POVERTY ( 274 票 )
2015年03月22日 14:27
あなたの賃借人は、もう家賃が払えなくなっているかもしれない!  ( 259 票 )
2015年03月22日 09:23
すべてうまくいくことは、、、ありません! ( 273 票 )
2015年03月19日 14:05
米国の大学、こんなに学費が高いの? ( 290 票 )
2015年03月18日 14:38
家賃相場に異変? 所得の値上がりが、家賃高騰についていかないと、全米不動産協会が、悲鳴! ( 271 票 )
2015年03月18日 13:05
都市別の生活費を調べる ( 266 票 )
2015年03月09日 22:03
《となりの億万長者》著者の死にあたって スタンリー先生、ありがとう ( 267 票 )
2015年03月06日 12:56
年利回り42%! 今この瞬間、ネオヒルズ族よりも怪しく見えているかも、、、  ( 263 票 )
2015年03月04日 21:20
SNSやインターネットの功罪 アメリカ不動産投資編 ( 247 票 )
2015年03月01日 09:30
2015年2月セミナー参加者様からの素敵なお便りを紹介させてください ( 283 票 )
2015年02月06日 21:00
大阪セミナー 2015年2月7日土曜日夜  ( 286 票 )
2015年02月03日 14:12
2015年2月対米不動産投資パソコンセミナー最新速報 12日満員締め切り ( 260 票 )
2015年02月02日 11:40
海外で、不動産を買えば、日本の税務当局に、掌握されない? ( 268 票 )
2015年02月01日 12:08
あなたは投資対象国の相続法を理解されていますか? ( 293 票 )
2015年01月30日 10:22
カンボジア不動産投資詐欺の例を取って ( 391 票 )
2015年01月29日 22:25
最後は、信じる。 人生は、素敵な棚ぼたの連続だ! ( 289 票 )
2015年01月28日 12:37
ロバート・アレンさんのナッシング・ダウンについてのご質問 ( 347 票 )
2015年01月27日 14:29
Multi-family とは 複数世帯住宅 ( 364 票 )
2015年01月27日 09:44
米国最新都市研究の成果の行方 ( 283 票 )
2015年01月26日 05:59
「年収は住むところで決まる」 エンリコ・モレッティ氏の研究の不動産投資家にとっての意味 ( 268 票 )
2015年01月26日 05:52
アメリカ不動産 HOME WARRANTYとは何か ホームワランティ保険 ( 448 票 )
2015年01月25日 11:09
融資のリピート様ってどんな方? ( 305 票 )
2015年01月24日 16:09
52万9,000ドルで売買契約が成立しました! ( 304 票 )
2015年01月22日 18:50
2月セミナーのためのプレメールを開始しました ( 299 票 )
2015年01月22日 18:25
投資に対する評価の”自分軸”を作るお手伝いをさせてください ( 305 票 )
2015年01月21日 21:29
賭博、投機と投資 ( 286 票 )
2015年01月21日 10:42
ドア・ノッキングとはなにか? ( 319 票 )
2015年01月20日 14:42
PROPERTY INSPECTION 建物検査 ( 288 票 )
2015年01月20日 13:55
名義瑕疵保険-タイトルインシュアランス/タイトルポリシー(title insurance/title policy) ( 515 票 )
2015年01月19日 14:56
スイス・フラン・ショック! 顧客様は、こんなことを考えている ( 339 票 )
2015年01月17日 12:20
阪神・淡路大震災20周年 ( 282 票 )
2015年01月16日 21:52
1週間、10日で、1,000万単位の資金を動かしていくわけ ( 314 票 )
2015年01月11日 21:40
調べれば調べるほど、先行き不安な米国の格差分布 人種編 ( 269 票 )
2015年01月11日 10:41
Where did the good jobs go? by セス・ゴーディン ( 274 票 )
2015年01月09日 14:43
2015年2月11日祝日 於・東京 対米不動産投資パソコン・セミナー ( 267 票 )
2015年01月09日 14:40
2015年2月セミナー開催ご案内 2015年1月7日配信メルマガご紹介 ( 287 票 )
2015年01月08日 06:57
2015年2月12日木 於・東京対米不動産入門PCセミナー ( 300 票 )
2015年01月05日 19:47
年末最後の投資案件 ( 286 票 )
2014年12月29日 19:39
年末もフィックスアップ! ( 277 票 )
2014年12月24日 10:34
アメリカ不動産、買おうとした物件が、差し押さえ間近!? ( 267 票 )
2014年12月16日 17:40
AIRBNBの支払いシステムが変わった? 居住国と貨幣の関係がわからない!2 ( 288 票 )
2014年12月15日 20:59
京都セミナー 2015年2月6日金曜日午前 ( 297 票 )
2014年12月15日 11:35
AIRBNBの支払いシステムが変わった? 居住国と貨幣の関係がわからない! ( 287 票 )
2014年12月04日 16:45
今日は、PAYOFF LETTERを書きます ( 319 票 )
2014年11月28日 23:24
HSBC香港の銀行口座は、郵送で開設できるってご存知でしたか? ( 311 票 )
2014年11月25日 10:32
2014年6月にメルマガで募集した案件が、修理終了し、FOR SALEに  ( 294 票 )
2014年11月22日 07:21
資金2,000万でリタイヤするためにできること?  それは、引越しだ! その3 ( 287 票 )
2014年11月22日 05:48
資金2,000万でリタイヤするためにできること?  それは、引越しだ! その2 ( 284 票 )
2014年11月22日 05:37
資金2,000万でリタイヤするためにできること?  それは、引越しだ! その1 ( 281 票 )
2014年11月05日 10:42
水には、何種類もの温度がある  ( 284 票 )
2014年11月02日 16:20
恐怖のハロウイーンINデトロイト ( 291 票 )
2014年10月31日 23:06
画期的なPM2.5対策が中国で登場! それは、、、扇風機!? ( 302 票 )
2014年10月31日 11:12
2013年6月投資のB通り案件が、この度、償還決定 ( 297 票 )
2014年10月31日 11:07
メルマガ配信事例 投資額4万5,000ドルの鉄板案件配信号 ( 306 票 )
2014年10月31日 11:05
ご質問: 投資案件はどのようにして紹介してもらえますか? ( 287 票 )
2014年10月30日 09:38
移民の動向から目が離せない! ( 289 票 )
2014年10月30日 09:04
メルマガ配信事例 米国居住者様向け特集号 ( 311 票 )
2014年10月29日 10:38
米国に与信がある方は、クレジットレポートを無料で手配できます ( 287 票 )
2014年10月28日 13:53
HSBCのエクスパット調査 2014年 ( 290 票 )
2014年10月27日 17:07
海外から日本の番号を無料で取得する!  ( 298 票 )
2014年10月24日 11:00
大家さんの苦悩 修理代が不明瞭! ( 304 票 )
2014年10月20日 01:38
投資家志願者が、普通の生活をしてはいけないこれだけの理由 ( 285 票 )
2014年10月17日 22:05
米国不動産投資と銀行口座 ( 276 票 )
2014年10月11日 12:26
キッチン論争は盛り上がる! リテールにおける末端消費者の声 ( 294 票 )
2014年10月11日 08:18
男性脳!女性脳! 不動産投資にもあるある、しかも、これが痛い? 後編 ( 315 票 )
2014年10月10日 14:15
男性脳!女性脳! 不動産投資にもあるある、しかも、これが痛い? 前編 ( 322 票 )
2014年10月05日 12:37
語学力や国際的な高学歴と、社会的な成功の関係 インタビュー1 ( 337 票 )
2014年10月02日 13:27
アーリー・リタイヤライフの資産管理術はライフスタイルの断捨離から ( 308 票 )
2014年09月27日 17:21
アジア移住は、高い! が新時代の常識に ( 296 票 )
2014年09月25日 20:39
空気の悪い米国の首都圏ってどこ? ( 304 票 )
2014年09月19日 13:42
微妙なインターナショナル・スクール教育に怒るパパ友 ( 298 票 )
2014年09月18日 11:23
不動産価格は上昇していますが、その実態は ( 326 票 )
2014年09月15日 01:03
中間層の所得は、今後、回復するのか?  ( 300 票 )
2014年09月13日 17:23
2014年中山道子投資家レーニングコース ダウンロード教材 ( 278 票 )
2014年09月13日 14:50
2014年夏 視察旅行、SKYPEセミナーお礼とご報告 その2 ( 315 票 )
2014年09月13日 14:19
生命保険のもっとも効率的な利用方法とは? グローバル編 ( 286 票 )
2014年09月08日 15:19
こういう人は、手間なしですね 12万ドル強を2014年1月に融資 ( 289 票 )
2014年09月06日 09:58
自分でウエブサイトが簡単にできる時代 イマドキの起業 ( 277 票 )
2014年09月04日 17:18
「グローバル教育」に思う  ( 320 票 )
2014年09月03日 11:56
ミシガンで 15万ドルの投資案件が、29万ドル弱で、物件掲載されました ( 298 票 )
2014年08月31日 10:57
2014年夏 視察旅行、SKYPEセミナーお礼とご報告 その1 ( 304 票 )
2014年08月31日 07:41
8月下旬のシカゴランド洪水を経験して 2014年 FLOODING ( 301 票 )
2014年08月29日 13:22
2014年8月29日配信投資案件例 4万5,000ドルの鉄板案件 ( 308 票 )
2014年08月27日 17:01
自分の物件の電気代を払うにも、VPNが必要になりました、、、 ( 286 票 )
2014年08月16日 14:22
デトロイトの田園調布でフィックスアップ! 米国不動産投資編 ( 311 票 )
2014年08月14日 21:44
デトロイト近辺で、浸水問題が! 2014年8月 ( 306 票 )
2014年07月25日 02:57
2014年7月告知 デトロイトで賃貸用の投資物件を購入しようと検討されている方へ ( 318 票 )
2014年07月20日 20:14
夏は住居をエクスチェンジ! 中国で、マンションを、夏、又貸しして米国で過ごす 2 ( 306 票 )
2014年07月19日 22:43
夏は住居をエクスチェンジ! 中国で、マンションを、夏、又貸しして米国で過ごす 1 ( 302 票 )
2014年07月03日 11:52
有料メニュー 【50分電話会議】 ( 300 票 )
2014年06月29日 22:29
米国に行く私たち、米国から中国に来る方たち ( 302 票 )
2014年06月29日 22:12
あなたにとっては、値上がりや物件ホールディングだけが投資戦略ですか?  ( 309 票 )
2014年06月24日 11:29
米国一流大学の学費値上がり率は、年率4.8%! ( 318 票 )
2014年06月18日 21:00
スカイプセミナー予備編 投資家マインド、投資家のライフスタイルとは? ( 335 票 )
2014年06月18日 20:17
家賃の受け取り方法 BANK BY MAIL、ACHとは何か ( 368 票 )
2014年06月18日 08:03
年収350万で、220万を貯金する方法 エクスパット編 ( 304 票 )
2014年06月05日 11:02
2014年6月3日メルマガご案内案件について ( 329 票 )
2014年05月26日 14:53
個人の旅行予約は、、、 AIRBNBで決まり! ( 324 票 )
2014年05月24日 22:52
アメリカの不動産投資教材が教える一部の手法には、こんなに危険がある ( 328 票 )
2014年05月24日 09:19
最近、アメリカからの売込みが、、、リッチ・ダッドの2014年 ( 303 票 )
2014年05月23日 07:32
Land contract とは何か ( 327 票 )
2014年05月22日 11:54
2014年5月11日セミナーありがとうございました ( 329 票 )
2014年05月22日 11:53
日本人は、将来を読む能力を失ってしまったのか? ( 335 票 )
2014年05月22日 11:52
セミナーからの質疑応答の例ご紹介 ( 316 票 )
2014年05月22日 11:51
経済の発展が、必ずしも、不動産市場の発展につながらないわけ ノース・ダコタ編 ( 352 票 )
2014年05月18日 16:12
2014年5月16日緊急アンケート 夏の対米不動産投資視察旅行の開催時期  ( 328 票 )
検討リスト
新規会員登録

お気に入りの
不動産会社を
マイショップ登録
することで
非公開物件を
閲覧できます。

会員登録
  • 会員登録は無料!
  • 会員専用マイページを作成!
  • 希望条件に合う新着物件を配信!
  • お気に入りの不動産会社
    をマイショップ登録!
  • マイショップ登録で非公開物件が閲覧可能!
  • マイショップ登録でプレミアム物件の個別提案あり!
会員様ログイン
物件掲載をご希望の不動産会社様へ
一括売却査定に参加ご希望の不動産会社様へ
不動産投資関連記事の執筆者募集
広告掲載のご案内
不動産投資ブログランキング登録のご案内