収益物件・投資用不動産専門の不動産投資コンパスPRO

不動産投資の魅力

不動産投資の魅力

一棟アパート・収益マンション情報は収益物件の不動産投資コンパスPRO

銀行の低金利が長く続き、預貯金だけでは金融資産を安定的に維持することが難しい時代になっています。 株式、投資信託、FX、商品先物などの金融商品も投資先として選択肢に入ってきますが、価格変動リスクを考慮すると躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。 このような状況の中、実物資産である不動産への直接投資が注目を集めています。

かつてのバブル期では不動産投資の主な目的は、物件の値上がりによる売却利益(キャピタルゲイン)を得ることありました。 しかしながら、最近は購入したアパートやマンションから得られる家賃収入(インカムゲイン)を期待する資産運用が中心で、節税効果、相続対策に魅力を感じる方も多いようです。

不動産投資の魅力
1.私的年金としての魅力
不動産経営は景気動向に影響されにくいという特徴があります。長期的に安定した家賃収入を確保し、将来の年金不安に備えることができます。 収入のあるうちに不動産ローンを完済することができれば、公的年金に加え家賃収入がそのまま退職後の生活資金になりますので、余裕のあるセカンドライフを実現することができます。 1.私的年金としての魅力
2.税務上の優遇
不動産経営を行うことで様々な税務上の優遇措置を受けることができます。 不動産所得は、家賃収入から実際にかかった経費として、固定資産税、都市計画税、管理費、修繕費、借入金利、建物の減価償却費を差し引くことが可能です。減価償却費は支出を伴わない経費として認められているため、結果として減価償却費相当分が課税対象にならず、所得税が軽減されることになります。また、家賃収入と給与収入の損益通算による所得税軽減効果などメリットは少なくありません。 2.税務上の優遇
3.生命保険と同様の効果
不動産ローン借入の際には団体信用生命保険に加入することが義務付けられています。オーナー様に万が一のことがあった場合、生命保険会社がローン残債を支払うことになり、ご家族には安定した家賃収入が期待できる不動産を残すことができます。 そのまま家賃収入を受け取り続けることもできますし、売却して売却益を得る事もできますので、生命保険として考えることができます。 3.生命保険と同様の効果
4.少額の自己資金でスタート可能
不動産投資の場合、投資物件として購入する不動産とそこからの賃料収入を担保に借入を行うことができるため、少額の自己資金で不動産オーナーになる事が可能です。また、その後のローンの返済に家賃収入を充てることで少ない自己資金からでも大きな資産を築くことができます。順調な不動産経営を行うと、20年から30年後にはローン返済も終わり、手元に無担保の土地が残ることになります。引き続き家賃収入を得ることもできますし、1棟物件として売却し、まとまった資産を手にすることもできます。 4.少額の自己資金でスタート可能
5.相続対策の切り札
相続が発生した場合、預貯金や株券はすべて時価で評価されますが、不動産の場合、土地は路線価、建物は固定資産税評価額で計算されることになるため、市場価格よりも低い相続税評価額となることが多く、その差分の相続税が軽減されることになります。また、賃貸用不動産の場合は、更に一定額を控除することができるなど、相続対策として大きな効果が期待できます。 5.相続対策の切り札
検討リスト
新規会員登録

お気に入りの
不動産会社を
マイショップ登録
することで
非公開物件を
閲覧できます。

会員登録
  • 会員登録は無料!
  • 会員専用マイページを作成!
  • 希望条件に合う新着物件を配信!
  • お気に入りの不動産会社
    をマイショップ登録!
  • マイショップ登録で非公開物件が閲覧可能!
  • マイショップ登録でプレミアム物件の個別提案あり!
会員様ログイン 不動産投資ブログ
物件掲載をご希望の不動産会社様へ
一括売却査定に参加ご希望の不動産会社様へ
不動産投資関連記事の執筆者募集
広告掲載のご案内
不動産投資ブログランキング登録のご案内